2016年02月20日

恋愛依存とラポール

ラポールとは、ある条件下で発生する強い親近感のことです。
臨場感を伴う空間を共有することで、ラポールは生まれます。
この例として「ストックホルム症候群」という事例があげられます。


1973年にスウェーデンのストックホルムで銀行強盗による
人質立てこもり事件があったのですが、
その被害者となって人質にされた人々が、


その後、犯人グループに奇妙な親近感を持つようになったのです。
警察に対して犯人たちをかばったりするような行動がみられたのです。


また後になって犯人の一人と人質になった一人が結婚したりしたそうです。
人質立てこもり事件において、


最初は人質同士が団結して心のつながりが生まれます。
これが第一段階のラポールになります。そして、
その異常な空間を支配している犯人に対して強いラポールが生じます。


デートのとき、ラブロマンスよりもしばしばホラー映画が
効果的とされるのもこの仕組みを活用しているからです。


つまり、恐怖空間の共有の中で、
怖がる女性と怖がらない男性という状況が生まれ、
女性が男性にラポールを生じるのが理由です。


また、和歌山県に谷瀬のつり橋というデートスポットがあります。
十津川にあるこのつり橋を渡ると、恋人同士になれるというのです。


渓谷の高いつり橋を渡ると、カップルが仲良くなりやすいのです。
これも、危険という臨場感を共有することで、ラポールが生まれるのです。


さらにここで、男性がつり橋を揺らすと、その空間の支配者として
第二段階のさらに高いラポールにつながる可能性があります。


危機感の共有がポイントです。
共通の敵を持つことで男女が結びつくケースはよく知られていますが
これもラポールを生じやすいからです。


このようにさまざまな人間心理の法則が働いて、
「恋愛依存」という現象も発生します。
その本質は「錯覚」と「思い込み」です。


潜在意識の働きについては下記の無料メールセミナーで学ぶことができます。

mailseminer1.JPG


潜在意識完全活用マニュアル

posted by 恋愛依存 at 02:14| 恋愛依存

2015年02月12日

依存を回避して恋愛や結婚生活を円満にするコツ

恋愛依存の傾向があると、相思相愛となり、交際するうちに、
あまりにも相手に依存し、甘えすぎてしまうことがあります。


そうなったとき、もし、なんでもかんでも
過去をみずから暴露し、相手に心理的な負担をかけて
いると、その関係は危うくなります。


また、相手が「言いたくないこと」を
問い詰めて、白状させるというのもよろしくありません。


恋人同士でも夫婦でも、「親しき仲にも礼儀あり」
というのが、本来のあり方です。
特に、結婚して夫婦となれば、いっそうの配慮が必要となります。


夫婦のあいだには一定の礼節があるべきで、夫婦だからと、
なんでもかんでも吐露したり、ぶちまけたり、
要望をすべて出してしまうと、関係が良好でなくなる場合もあります。


特にお互いの過去の異性関係やそれに関連した
問題については、別して、とりあつかいにご注意ください。

マナーとして、過去の異性関係やそれに関することは
よほどの場合でもない限り「忘れた」ことにしておくべきです。
質問されても「忘れた」というのです。


また、相手の過去の経歴、経験についても
異性問題やそれに関連するようなことで、
あれこれ、問いただしたり、攻めたり、追求したりはしないことです。


これらは夫婦の平穏をおびやかすマナーに反する話題です。
夫婦とは、今、目の前にいる相手を愛するのであり、
過去のことを愛するのではありません。


誰でも、ひとつやふたつ、言いたくない過去があります。
それをあえて、ほじくりかえさないのが、
大人としてのマナーということなのです。


忘れたふりをして、何事もなかったかのように
接していけばそれですべて好転します。


夫婦といえども、相手と自分の境界線を
引き間違えてはなりません。


夫婦とは、他人同士が仲良く暮らすことです。
他人同士が仲良く暮らすには、それ相応の気配りが
不可欠なのです。


依存しすぎ、甘えすぎ、胸のうちを暴露しすぎ、
こういう境界線をめちゃめちゃにする行為は、
相手を疲れさせてしまい、関係を悪化させてしまうのです。


相手への過度の期待や要求をくりかえせば、
相手は負担に感じて気持ちが引いていくのです。


今、目の前にいる伴侶をあなたが愛して、
関係を良好に育てていくという見方が大切です。


意図的にそのように見ていく心がけを
持たないと、すぐに甘えが出て、依存し、過度の要求、
期待をして、それがかなわないと不平不満をいうようになり、


せっかく得た信頼関係も壊してしまうのです。
結婚前の過去のことはお互いに
見ざる、聞かざる、言わざる、で良いのです。


もし、何かの拍子に、ぽろりと出た場合も、
見なかったこと、聞かなかったこと、言わなかったことに
して、さらりとやり過ごすほうがいいのです。


これは、良好で長続きする夫婦に必須の心がけです。
「親しき仲にも礼儀あり」です。


毎日「ありがとう」といってください。
これも「礼儀」です。


潜在意識の働きについては下記の無料メールセミナーで学ぶことができます。

mailseminer1.JPG


潜在意識完全活用マニュアル

タグ:恋愛依存
posted by 恋愛依存 at 17:20| 恋愛依存

2014年04月22日

家庭内離婚や浮気、不倫について

夫婦関係が冷え込んでしまって、
家庭内離婚になっている
人からの相談は多いです。


そして、既婚者でも、婚外恋愛つまり不倫、浮気などの
男女関係を持っている人もしばしば相談にこられます。


私がまだ心理療法家としてかけだしのころ、そういった
相談に対しては、正常化させたほうがよいという視点が
どうしても入ってしまったように思います。


しかし、症例経験を重ねて、
問題を解決していく人の足跡と
共に歩む中で、そういった方向性には
こだわらなくなりました。


もっとも重要なことは、
「あなたの魂は今、磨けていますか?」
という一点なのです。


明るく前向きに生きていて、精一杯精進努力している日々を
過ごせているかどうか、それが魂にとっての最大の関心事です。


もし、家庭内離婚や不倫や浮気の状態において、
あなたの魂が曇り、輝きを失い、前向きに生きていけないなら、
そうした関係は解消するほうがいいのです。


しかし、問題はそう単純ではありません。
そこで、私は、最近では、どうすれば、その人の魂が発動し、
明るく前向きになれるのかという部分に焦点を当てて、


それ以外の問題には柔軟な視点であたるようにしたのです。
そうすると、意外に早く、好転していく人が多くなりました。


先日の前世療法でも、まさにこれを裏付けるような
解決法が提示されました。


魂のガイドである守護霊が、その人に提示した方法は、
いわば「積極的な家庭内離婚」という形でした。


その相談者の方の場合は、すでにライフワークが明確にあって、
これからの人生では、その全う成就こそが重要であるため、
こうした結論が導き出されたのだと推測されます。


男女の関係、夫婦の関係には、最善の道は個々のケースで
違います。決して、標準形がすべてに当てはまるものではないのです。
したがって、状況によっては、不適切と思われる関係でも、


それがあったほうがいいという場合もあるようです。
もし、罪悪感を持っている人がいたら、
一度、前世療法を受けて見られることをお勧めします。


魂のガイドは、あなたに実行できないような選択を無理強いしたり、
強要することは絶対にありません。
あなたはむしろ、「許された」気持ちになり救われるはずです。


前世療法を対面で受けることは本当に加速的に
好転する最速の道です。


100回のメールより1回の電話が良く、
100回の電話より一回会うことのほうが良いと、
言われることがありますが、
対面の前世療法はまさにこの法則に当てはまります。


潜在意識の働きについては、
下記の無料メールセミナーで
学ぶことができます。


mailseminer1.JPG


潜在意識完全活用マニュアル





posted by 恋愛依存 at 21:34| 恋愛依存